head_img

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 03-5155-2907
土・日・月・火 18:00 ~ 24:00

HOME > 団体説明ページ

妊娠SOS新宿について

10代・20代の妊娠SOS新宿-キッズ&ファミリーとは?

photo 新宿は、歌舞伎町をはじめ、繁華街で働く10代・20代の女性の多くに、「レイプ」や「望まない妊娠」や「予期しない妊娠」をしてもだれにも相談できず、初診料や受診料を払うお金が無くて病院に行けないまま飛込み出産になることも少なからず起きています。
出産後も、育児相談、サポートを受けられることを知らずに追いつめられた結果、乳幼児の虐待や生後0日・0か月の虐待死亡など子どもの尊い命が奪われています。私たちは、あなたの心と身体と命と、生まれてくる命を守ります。

 

スタッフ紹介

photo 佐藤 初美(さとう はつみ)
・1975年から34年間、新宿区立保育園に勤務
・2009年に、新宿区立子ども家庭支援センターに相談員として異動
・2015年3月まで6年間、新宿区立子ども総合センターで、虐待対応や、貧困
 保護者の精神疾患や発達障害等で養育困難、 非行等の子どもと家庭の相談支援
・2016年、NPO法人10代・20代の妊娠SOS新宿-キッズ&ファミリーを設立

photo 小林 普子(こばやし ひろこ)
・NPO法人みんなのおうち代表理事
・NPO法人「10代・20代妊娠SOS新宿—キッズ&ファミリ−」理事/副代表
・NPO法人「子育て施設ゆったり〜の」監事
・新宿区大久保地区協議会委員 新宿区を拠点に子どもと子育て支援、外国ルーツの家庭支援
 外国ルーツの子ども支援といったボランティア活動に従事している。

 

私たちが大切にしたいこと

photo  あなたがどんな背景やどんな事情で妊娠したかに関わらず、心と身体と命を一番大切に、一緒に考えあなたの安全と安心、身体と命、救える子どもたちの命を守るために、いろいろな団体や関係機関と一緒にあなたに必要なサポートをしていきます。
 相談してくれたあなた一人ひとりの悩みに寄り添い、必要な病院や区役所の福祉や健康保険の窓口や保健センターなどへ一緒に行き、妊娠の確認、健康保険証や母子手帳の申請手続きや、入院助産の利用などの手助けをします。

 あなたが納得のいく結論を出せるように、色々なサービスや制度を紹介し、「産む」「産まない」「自分で育てる」「自分で育てられない」など、あなたが出した結論を尊重し、様々なサポートにつなげます。
 出産後や中絶後のあなたの生活の立て直しについても一緒に考え、新宿区の子ども総合センターをはじめ、保健センターや福祉の窓口やハローワークの若者就労支援などと連携し、あなたに合った必要なサポートにつなげて寄り添っていきます。

 「今の生活を立て直したい」「高等学校卒業程度認定試験」や専門学校や大学への進学を目指して立て直したい」「昼間の仕事に就職したい。自分にどんな仕事が向いているかわからない」と思われたときに、あきらめないでください。一緒に考え、義務教育終了後の学習支援や、職業の適性を知るキャリアコンサルティングや履歴書の書き方や面接の受け方などのサポートを行います。

ひとりで悩まないで、まずは、相談して下さい。私たちはあなたの意見を最大限尊重したうえでサポートします。

 

ご相談の受付 ~あなたのご連絡をお待ちしております~

icon 相談電話番号03-5155-2907   毎日 夜の18時から24時 お気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせはコチラ  または info@10dai20dai-ninshin.com まで

 


ページトップに戻る